神戸市西区 糖尿病内科偕生クリニック-糖尿病合併症

神戸市西区 偕生病院 糖尿病外来部門
糖尿病内科かいせいクリニック
お問合せTEL078-926-0780
〒651-2135 神戸市西区王塚台7丁目78番地
クリニックからのお知らせ >>
Diabetic complication
糖尿病合併症
糖尿病内科かいせいクリニックロゴマーク

糖尿病は血糖値が高いだけの病気ではありません。

むしろ、多少血糖値が高くても自覚症状はあまりないことが多いです。

糖尿病は、様々な病気を引き起こしたり(合併症)、様々な病気に影響を及ぼしたりすることが問題となっていきます。

糖尿病は血液中の血糖値が上昇する病気です。そのため、「血管病」であるとも言われています。

血管は全身いたるところに張り巡らされていますので、糖尿病を放置していると全身の血管に障害が及ぶ可能性があります。

糖尿病の合併症は、障害される血管の太さ別に分類されます。

細い血管が障害されておこる合併症

糖尿病3大合併症

それぞれの頭文字をとって、「しめじ」と覚えてください。

糖尿病神経障害
(しんけい)イメージイラスト

糖尿病神経障害

(んけい)

足底の違和感(薄い皮がくっついているような感覚など)、ピリピリ感、しびれなどから始まることが多いです。神経も血管からエネルギーを得ていますので、糖尿病で細い血管が障害されると、神経が障害されます。自律神経が障害されますと、立ち眩みやふらつきが出現します。胃腸の運動も、神経により調整されていますので、便秘や下痢を繰り返すなどの胃腸障害の原因にもなります。勃起障害、膀胱障害などの要因にもなります。

糖尿病網膜症
(め)イメージイラスト

糖尿病網膜症

()

網膜は、カメラではフィルムに相当する部分で、光を感知することで物の形や色の情報を電気信号に変換し、脳に送っています。網膜には細い血管が張り巡らされているため、高血糖が続くと、網膜に障害が出ます。失明原因としては、緑内障に次いで2番目に多い疾患が糖尿病網膜症です。視力低下などの自覚症状を伴わずに進行しますので、糖尿病があって、特にコントロールが悪い場合は、定期的に眼科受診を継続していく必要があります。

糖尿病腎症
(じんぞう)イメージイラスト

糖尿病腎症

(んぞう)

腎臓は、血液中の老廃物や水分を尿として体から排泄させている臓器です。そのためには、糸球体のいう細かい血管の塊のような仕組みをもつネフロンという構造が左右の腎臓にそれぞれ約100万個ずつ存在しています。つまり、腎臓も血管が重要な働きをしている臓器であり、糖尿病では障害される可能性がある臓器になります。実際に、腎不全により人工透析に至る原因疾患の1位が糖尿病腎症です。尿検査などにより、腎臓のダメージを経時的にチェックしていくことが重要になります。勿論、しっかりケアすることで防ぐことの出来る合併症です。

太い血管が障害されて起こる合併症

動脈硬化症という言葉をご存じでしょうか。
本来、血管はゴムホースのように弾力性があるのですが、様々な要因で障害されることで、しなやかさがなくなってしまいます。
その結果、血管がつまったり破れたりしてしまうことで、血管が走っている臓器に障害が起きてしまいます。

心筋梗塞・狭心症イメージイラスト

心筋梗塞・狭心症

心臓を栄養している血管である冠動脈が障害されて起こる疾患です。

糖尿病のみならず、高血圧、脂質異常症、肥満、喫煙などが原因となることが知られています。血糖値以外のこともしっかりとケアしていく必要があります。

脳梗塞イメージイラスト

脳梗塞

脳の血管が障害されると起こります。

心筋梗塞と同様に糖尿病も危険因子の1つです。

末梢動脈疾患
(PAD)

末梢動脈疾患

(PAD)

足の血管が障害されることで起こる疾患です。はじめは、冷えやしびれから始まります。やがて、歩くと痛みを生じるようになり、さらに進行するとじっとしていても痛むようになります。
その他の合併症

糖尿病足病変

足の裏に米つぶがついているだけでも違和感があります。しかし、前述した神経障害などにより、足の感覚が鈍くなってしまうと、足にケガや火傷をしても痛みを感じなくなってしまうことがあります。その結果、傷口から菌が入り、足が腐ってしまうということが起こりえます。実際に、年間約3000人もの方が、糖尿病による足病変で足を切断しています。

フットケア外来を見る

歯周病

糖尿病があると歯周病になりやすいということがわかってきています。また、歯周病になると血糖値も上昇しやすくなると考えられています。口の中を清潔に保つことを心掛けてください。歯周病イメージイラスト