神戸市西区 糖尿病内科偕生クリニック-糖尿病検査

神戸市西区 偕生病院 糖尿病外来部門
糖尿病内科かいせいクリニック
お問合せTEL078-926-0780
〒651-2135 神戸市西区王塚台7丁目78番地
クリニックからのお知らせ >>
Diabetes inspection
糖尿病検査
糖尿病内科かいせいクリニックロゴマーク
糖尿病内科かいせいクリニックTOP糖尿病検査

血液検査

血糖値

糖尿病でなければ、血糖値は80~140 mg/dlくらいで推移します。初期の糖尿病は食 後の血糖上昇から始まります。

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)

過去1~2か月間の血糖値の平均を反映します。診断やコントロール目標などの指標として用いられています。

CPR、インスリン

膵臓のインスリン分泌能を評価します。インスリン治療の必要性やインスリン離脱の可能性などを知ることができます。

抗GAD抗体~膵島関連自己抗体~

1型糖尿病の診断に用います。2型糖尿病として治療を継続していても、実は1型糖尿病であることがあります。

悪玉コレステロール、善玉コレステロール、中性脂肪(脂質異常症)

心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こす動脈硬化を予防するためには、血糖値だけコントロールしていればよいわけではありません。脂質コントロールも併せて行っていく必要があります。

腎機能、肝機能など

糖尿病は様々な臓器に影響を及ぼします。腎臓や肝臓などもケアしていく必要があります。

血糖検査 医療機器写真
尿検査 医療機器写真

尿糖

尿糖≒糖尿病ではありません。一般には、血糖値が170を超えると尿糖が出ると言われています。最近では、強制的に尿糖を出すタイプの糖尿病治療薬もあります。

尿蛋白

高血糖が長く続けば、腎臓にダメージを与えます。尿蛋白は腎臓のダメージを意味する所見の1つです。

微量アルブミン

尿蛋白は出ていない場合でも、わずかにアルブミンという蛋白質が尿から検出されることがあります。腎臓のダメージを早期に知るためのマーカーです。

尿ケトン

血糖値が高いときに、尿ケトンが検出される場合は、体内のインスリンが著しく不足しているサインです。速やかに治療を開始する必要があります。

尿検査

持続血糖モニタリング

持続血糖モニタリングシステムをご存じですか?

血糖コントロールの指標となるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)が大切なのは言うまでもありませんが、同じHbA1cでも血糖値の変動は人それぞれ大きく異なります。 病院での血糖測定のみならず、血糖測定器を用いてご自身で血糖測定をされている方もたくさんいらっしゃいます。実際に血糖を測定してみると、HbA1cだけではわからなかった血糖の変動がよくわかります。

 

最近、腕に装着するのみで、血糖値を持続的に評価できる器具が登場しています。

「FreeStyleリブレPro」「FreeStyleリブレ」というグルコースモニタリングシステムです。

自己血糖測定では、指先からの少量の血液を必要としますが、リブレは装着したセンサーに測定器をかざすだけで血糖変動のデータを得ることができます。 また、自己血糖測定器では1日数回の血糖値を測定していますが、リブレは最長14日間持続的に血糖をモニタリングできるために、予期せぬ血糖変動や、寝ている間の血糖変動も把握することが出来ます。

内服薬やインスリンの調整に極めて有用であると同時に、ご自身の血糖変動をビジュアルで確認することが出来ます。

 

ご興味のある方は、お気軽にお問合せ、お声がけください。

持続血糖モニタリングシステム FREESTYLEリブレ写真

InBody

InBody(体組成計)とは簡単に体成分分析が出来る装置(医療機器)です。

身体を構成する「筋肉量」「体水分量」「体脂肪量」「タンパク質量」「ミネラル量」「体細胞量」を部位別(右腕・左腕・体幹・右脚・左脚)に測定し、栄養状態に問題がないか、身体がむくんでいないか、身体はバランスよく発達しているか等、人体成分の過不足を評価する事ができます。

InBodyの特徴

・健康状態を知ることができます

生活習慣病(肥満、糖尿病、高血圧、脂質異常症)の予防や治療に役立ちます。 むくみ(浮腫)などの診断や治療に役立ちます。

・短い時間で高精度の測定ができます

裸足で立ち、ハンドルを握り、わずか1分程度で測定可能です。

・世界で認められた分析装置

InBodyは世界80ヶ国以上の医療施設や大学・企業の研究施設などで、臨床検査・臨床試験・栄養指導・健康指導のツールとして使用されています。

※ペースメーカー等の体内機器を装着されている方、妊娠中の方は測定できません。

 

バランスが崩れていると様々な慢性疾患の原因、あるいは前兆と考えることができます。
定期的な測定を行うことによって自分の体の状態を知る事ができるので、より良い健康づくりに役立てる事が出来ます。

InBody(体組成計) イメージ写真
経口ブドウ糖負荷試験 イメージイラスト

経口ブドウ糖負荷試験(Oral Glucose Tolerance Test:OGTT)

糖尿病の診断や糖尿病発症予測のための検査です。妊娠糖尿病の早期発見のためにも行われます。血糖値やHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)だけではわからない糖代謝異常を鋭敏に検出できます。糖尿病の家族歴がある方や将来の糖尿病リスクを知りたい方に有効な検査です。軽い炭酸の効いた甘いジュースを飲んでいただき、血糖値の推移をみていきます。

OGTT